和装で繋ぐ日本のかたち

和装で行う結婚式:体は苦しくない?

体は苦しくない? 結婚式は女性が夢見ていた晴れの舞台で、一生のうちの大切な思い出となるものです。最近は家族婚というものも増えて、身内や親しい友人だけで式を執り行うのも流行りのようです。
そんな中で、和装婚というのが注目され、京都の神社仏閣で式を挙げるカップルが多くなっています。一時期、活動し易いウェディングドレスが定番でしたが、今は、少し窮屈でも白無垢や打掛に人気が集まっています。日本の伝統美である和装が見直されてきたというのは素晴らしいことです。
着る前に体の補正をしなくてはいけないのが、少し大変そうに思えますが、タオル等を使いますから負担は少ないです。着物も帯も豪華な上、重量もあり、着付けをする側も体力が必要です。ですから、先入観で体が苦しくて、食事もできないように思っている人も少なくない筈です。
けれど、式場ではベテランの人が着付けをしてくれますから、締める所は締め、緩めて大丈夫な所は緩い目に締めますから、苦しくはありません。ポイントを押さえれば、きつい着付けをしなくても着崩れはしません。

和装で行う結婚式:身につけておきたいマナーについて

身につけておきたいマナー 現在では結婚式と聞くと、どうしてもウェディングドレスを新婦が、タキシードを新郎が来たりといったような、洋風の式を思い浮かべる人が多いでしょうが、近年では和装の結婚式を行う若い人たちも多くなってきています。そういった和装で行う結婚式に招待された場合には、マナーについても洋風の式とは異なる部分が出てくるため、それらを身に付けておいた方が良いでしょう。
その場合のマナーとしてまず思い浮かぶのは服装についてですが、招待客まで和装で行く必要があるわけではありません。礼儀に反することがない服装を心がければそれで良いのです。ただ女性で自分も和装で参加したいという場合であれば、華やかではあるものの派手すぎはしないような色やデザインの、振袖か訪問着を着て行くと良いでしょう。
また神前式の場合には、神聖な神社が舞台であるという意識を持っておくことが肝心となります。例えば靴を脱ぐ場合に備えて、素足にならないようにストッキングを着用しておくことや、勝手に写真撮影はしないこと、私語を慎むことなどが大事です。