和装で繋ぐ日本のかたち

結婚式で和装が増えている理由

結婚式で和装が増えている理由 結婚式というとウェディングドレス、というイメージが強い方も多いでしょうが、実際には和装の花嫁衣裳で式に臨まれる方も多くなっています。
最近は日本文化の魅力も見直されてきているうえ、これまでは古臭いと思われていた着物なども若い方には新鮮に映ることも多く、新しい美しさ、かわいらしさの表現の一つとして利用されることも多いのです。普段着るものではないという特別感も、結婚式のスペシャル感にぴったりということができます。
また、和装の場合、高齢の方に非常に喜んでもらえるという事も選ぶ方が多いポイントといえるでしょう。これまで自分を育ててくれた家族などに喜んでもらえる装いをしたいという気持ちの表れともいえます。おばあ様からお母様へ、そしてお孫様へと代々引き継がれていくという着物も珍しくありません。そういった着物を利用するのであれば、より大きな意味を持つことになるでしょう。
このような和装の結婚式についても選択肢に入れておきたいものです。

結婚式で和装を取り入れる際に注意すべきこととは?

結婚式で和装を取り入れる際に注意すべきこととは? 洋風ではなく和風な結婚式を目指しているのであれば、結婚式で和装を着用する際の注意点を意識しておかなければいけません。
特に注意をしておきたいのが、着付けに時間が必要になる事があるという点で、着付けをやり直すためにスケジュール調整が大変だったという人も多いです。結婚式本番を迎える前に、和装の着付けの練習をしっかりと行っておいたり、着付けを担当してくれる優秀なスタッフがいるか確認しておく事をおすすめします。
そして和風なイメージの髪型を作るためにも、ある程度の時間が必要だという事にも注意しなければいけません。ヘアスタイルや化粧を整えるための時間を、少しばかり余裕を持って作っておくと、和風な結婚式は成功しやすいです。結婚式の最中に新婦がいない時間が長くなりすぎないように、着付け担当のスタッフの実績もチェックしておいてください。
着付けのテクニックのあるスタッフが担当になった時には、驚くほどに早く着付けが完了します。