和装で繋ぐ日本のかたち

結婚式に和装で参列:着てはいけない色ってあるの?

結婚式に和装で参列:着てはいけない色ってあるの? 結婚式に招待をされたときにドレスではなく、和装で参加してみたいと思ったときは、和装のマナーを守って参加することが重要です。
着物を着るときは、結婚しているかいないかで着るものが変わってきます。
未婚の場合は、振袖、既婚の場合は、訪問着や付け下げになります。
既婚の女性が振袖を着てしまうとマナー違反になるので、持っているからと言って振袖を着てはいけません。
色に関しては、特にきまりはありませんが、黒を選ぶと親族の黒留袖と同じになってしまうので、黒は選ばないほうが良いでしょう。
ドレスを着て参加するときは、花嫁さんのウェディングドレスと同じ色になってしまうので、ドレスを着るときは白は着てはいけないと言われていますが、着物の場合は白を着ても特に問題はありません。
帯を選ぶときは、金糸や銀糸などで織られたものを着用すると良いでしょう。
結婚式はめでたいお祝いの席なので、お祝いにふさわしような着物を選びましょう。

結婚式に和装で参列:おさえておきたい参列のマナー

結婚式に和装で参列:おさえておきたい参列のマナー これから和装で結婚式に参列をするつもりであれば、花嫁が着用している衣装と色合いが被らない事を第一に考えてください。
自分の好みの色合いを重視するよりも、なるべく花嫁と色合いが被らない事を重視して衣装を選ぶと、結婚式の主役となる新郎新婦にも喜ばれます。
どういったデザインであれば、花嫁の衣装と色合いと違う衣装を用意できるか分からない時には、花嫁に相談をするという人も少なくありません。
大振袖と呼ばれるデザインの和装を着用するのも注意が必要で、結婚式では花嫁が大振袖を選ぶ事が多い点に気を付けてください。
中振袖や小振袖に変更する事によって、花嫁の衣装を目立たせやすくなり、マナーを意識したゲストだと周囲からも意識してもらえます。
訪問着という種類の衣装も、結婚式にゲストとして参列する際にはぴったりで、準礼装として多くの方々が活用している衣装です。
多少は華やかなデザインであったとしても、訪問着であれば参列のマナーを守っていると認識してもらえます。